市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

坐骨神経痛

腰、お尻から膝上にかけての痛みといった坐骨神経痛の症状で来院された市川市在住の30代男性SAOさん。

寝る時も痛くて、寝返りを打った時など痛みで起きてしまうほど痛みが強いとのことでした。
以前、ヘルニアを患った経験があり、下部腰椎の変位を疑い、整形外科テストを何種類か行いましたが、そのことごとくが陰性であり下部腰椎の静的、動的触診検査でも動きは悪くなかったため、それらが原因でないことが判別できました。

神経反射テストと触診で現れたのが、骨盤の仙骨と寛骨の間にある仙腸関節の不具合があることが判明し、仙骨と股関節を結ぶ梨状筋も以上に固くなっていることもわかり、その周辺に異常があることが、判明してきました。

施術としては仰向けに寝ているのも辛いという状態のため、うつぶせの状態でブロックテクニックによる調整を行いました。

施術後まだ痛みがあったそうですが、30分ほど経過したのちから痛みが消えていったそうで、その後、寝て起きる度に再発を繰り返しましたが10回ほど施術をさせて頂き、現在は寝て起きても痛みが現れない状態に回復していただきました。