市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

鼻炎

私は寒暖差を鼻が感じると、鼻水が止まらない寒暖差アレルギーというものを持っているため、ここ最近は朝起きるとティッシュの山を作ってしまいます。

鼻は呼吸や嗅覚を担う器官としてオープンですから、様々な異物もキャッチしてしまいます。
そのため、異物を追い出すための生理反応として鼻炎をおこします。

<鼻炎の主な症状>

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻のつまり

鼻炎の主な原因といえば、「急性鼻炎」と「アレルギー性鼻炎」といえるでしょう。

急性鼻炎

急性鼻炎の多くは今大流行中の、いわゆる「鼻かぜ」と言われるものです。
症状は一時的で、1~2週間ほどで完治します。
※実はラーメンを食べたときに急に鼻水が出るのも実は急性鼻炎の一種です。

「主な原因」

  • 風邪(ウィルス)
  • 寒冷などの刺激

※急性鼻炎が慢性鼻炎に進化してしまうと
粘膜が慢性的に赤く腫れている状態。血管収縮薬をずっと使っている人や刺激に反応しやすい人などにも起こりやすくなります。
慢性化した鼻炎には、症状に応じて手術することもあります。

アレルギー性鼻炎

アレルゲンにより鼻粘膜が刺激されて起こる鼻炎。
アレルゲンとなるものは無数にあり、花粉をはじめとする季節性のものと、ハウスダストなどによる通年性のものがあります。

「主な原因」

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • カビ
  • ペットの毛 など

基本的にアレルギー性鼻炎は自然治癒力が低下したことで生じた過剰な免疫反応です。
血液やリンパ液や脳脊髄液といった体液の循環が正常にされていれば、発症することが基本的には減少すると考えられています。

マスクや空気清浄機や室内の清掃はもちろん、対症療法としては一般的には抗アレルギー薬を服用される方が多いかと思います。
くしゃみや鼻づまりといった症状緩和のために、温めたタオルを鼻に当てるといった方法もあります。

最近ですと、スギ花粉オンリーですが舌下免疫療法という、舌の下にスギ花粉のアレルゲンエキスを垂らし、アレルギー物質を直接体内に少量入れて、アレルギーに対する耐性を強くする免疫療法もあります。
ネックとしては時間がかかることでしょうね。