市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

出産お母さんのお腹から出てきた赤ちゃんとお母さんを繋ぐへその緒をコッヘルという器具で臍帯をはさむことで、臍帯内の血流が停止したら臍帯クリップを止め、その間を臍帯剪刀(さいたいせんとう)という専用のハサミで切ります。

切るタイミングが重要なんです

実際の日本の出産時における現場ではどうなんでしょう!
一般的に日本の病院では、お母さんのお腹から出た直後に切断されます。
なぜ、日本ではスグに切られるのかというと、黄疸(おうだん)に関係しているそうです。
※これは自分の子供の出産時に医者への要望という項目の際に聞きました。
理由としては、へその緒をすぐに切らないと赤ちゃんに血液が多く流れてしまうことで、多血症になり「黄疸」になりやすい、ということでした。

切るのを3分待つと健康に!

イギリス国立医療技術評価機構から、出産後1~3分はへその緒をつながったままにしておくことを推奨するガイドラインが出るとのことです。
赤ちゃんがお母さんのお腹から出てきてから3分間へその緒をつけたままにしておくと、血中の「鉄分値」が良好になり、赤ちゃんが健康的になることがわかってきました。
3分という時間の間に、へその緒の中に残っていた血液が赤ん坊の体内に移動するからだそうです

これはイギリスの研究機関が3911人の生まれた赤ちゃんのへその緒を出産から3分後にカットし、その後の経過を観察した結果、へその緒の切断を遅らせても母体の出血や失血やヘモグロビン値などに違いはなく、むしろ赤ちゃんの方は、出生後1~2日間の間ヘモグロビン値が通常より高くなり、生後3~6ヶ月間は鉄欠乏症になる危険性が低いこという臨床データがでています。

このように、出産してスグに切るよりも少し時間をおいて、へその緒を切ったほうが赤ちゃんにとってプラスになる要素が多いことがわかると思います。

上記に記載しましたように、自分の子供の出産時にお医者さんにお願いした件ですが、私も信念を持って自分の子供のために要請しましたので、それなら「拍動が切れる際に」切ってくださいとお願いしました。

これも一つの方法なのです、アメリカのデータだと思いましたが、切るタイミングで性格にも影響するというものです。

早く切りすぎてしまうと、上記のような栄養不足になり病弱気味になりやすい。
逆に3分を越えて切ると、栄養豊富だが性格が依存しやすい体質になる。

と、いうものです。

出産される病院ごとで考え方も違いますので、お子様を出産される際はお医者さんとよく相談をされることが、今後のお子さんの成長の助けになります。