市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

五十肩

左腕を上げようとすると痛みを感じて挙げることも、後ろ腕を回すことも困難な俗に五十肩の症状でお悩みだった松戸市在住の50代男性YMSさん。

五十肩の症状が発症してから6か月ほど経過したものの、症状の緩和が全く見られないとのことで、来院されました。

従来の五十肩でしたら、症状を感じて半年もすれば治まってくることもあるのですが、YMSさんの五十肩に関していえばそのような改善傾向は発症後からなかったそうです。

そのため多角的に検査し施術をさせて頂きました。
基本的にローテーターカフ(Rotator cuff)と呼ばれる肩甲骨の前面と後面に関係する「回旋筋腱板」の4つの筋、「甲下筋」「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」の腱のことです。
ローテーターカフとは肩を支える4つの筋肉の総称です。

この4つの筋肉がバランスよく機能することで、肩の上げ下げや内外旋、内外転といった動きがスムーズに動かすことが可能になっています。

このローテーターカフに障害が生じてしまうと強い痛みを感じてしまい、更に動きの制限が悪くなってしまい、それが連鎖的に続くことで症状は徐々に悪化します。

また、「身体のゆがみ」も五十肩と大きな関係があります。
肩を動かす動作には「鎖骨」「肩甲骨」「上腕骨」といった三つの骨によって複雑な動きが可能となりますが、それだけにゆがみが生じやすいのです。

これらの骨のどれか一つでも、動きにゆがみが生じてしまうと、肩関節の機能全体が低下して、肩の動きが悪くなってしまうのです。

そのため、まず肩関節周りのゆがみの矯正とそれと連動する多関節のゆがみの矯正から行いました。
身体は一つのユニットで構成されているため患部だけを修正しても症状が再発するため、全体的に見る必要があるためです。

また、関節だけ正常に戻しても関節に付着する筋肉群に問題があればまた元に戻ろうとしますので、ローテーターカフ筋に対するアプローチも重要です。

YMSさんの五十肩もこれらの筋肉や関節の問題を一つ一つ改善して少し時間を要しましたが、10回ほどの施術で腕を上げると痛い、寝てても痛いといった症状から改善して頂きました。