市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩0240代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩と通称として言います。
英語ではフローズンショルダー( frozen shoulder)凍り付いた肩と呼ばれています。
四十肩・五十肩は一般的に腕を動かそうとした際に突然、肩に激しい痛みが起こったり、腕を上げたり、後ろに回わそうとした際に痛みと引っかかりで動かしにくくなるといった症状です。
何もしなくても、基本的には炎症ですので半年から1年で自然に治ってくることも多いですが、その炎症の原因を改善することで早い段階で症状をやわらげ、回復を早め ることができます。

 

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩01

      腕を肩より上に挙げようとする動作を行うと激痛が走ったり、寝返りをうつときに痛みで目が覚めてしまったり、腕を後ろに回そうとしても激痛が走る。
      また、洋服を着替える際の動作や電車のつり革につかまるなどの行動が制限されます。
      <四十肩・五十肩に関連する症状>
    頭痛、肩こり、首痛、首こり、背中のこり、背中の痛み、腕のしびれ、腰痛などの症状の原因にもなります。

 

 

四十肩・五十肩の原因

実は、四十肩・五十肩の発生原因はわかっていないのです。
傾向的に四十肩・五十肩は、40代以降の年齢の方にに起こりやすいという点以外で、
男女差や運動習慣などによる発症頻度の違いはないそうです。
また、利き腕に起こりやすいということもありません。
四十肩・五十肩はの症状として傾向的に多くみられるのが腕や肩を回す際に重要な回旋筋腱板(かいせんきんけんばん Rotator cuff)は肩甲骨の前面と後面に付着する4つの筋肉(肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋)の腱の炎症です。
四十肩・五十肩を発症した場合これらの筋肉のいずれかに制限がかかることが多く見受けられます。その発症原因として考えられる、理由は2つあります。
第1の理由は腱板自体の性質によります。
腱板は線維組織でできているため、加齢によって繊維質が潤いをなくしパサパサになってしまうためです。
その上、腱板は一度傷ついてしまうと修復されにくいためです。
第2の理由は、腱板の中でも「棘上筋」の腱板は構造的に炎症を起こしやすくなっていることです。
肩峰の下の面と上腕骨頭との間が狭く、腕を上げるたびに腱板が肩峰にあたります。
この衝突が長年にわたって繰り返されるうちに、腱板が損傷し炎症を起こして腱が傷んで炎症を起こすことで、滑液包や関節の内部にも炎症が波及するのが四十肩・五十肩の原因であろうと考えられます。

 

四十肩・五十肩の調整法

骨格・筋肉・内臓の歪みを調整して、炎症を起こしているパサパサ腱板の循環を改善します。すると、炎症によって制限されていたパサパサ腱板が正常に働くようになることで、圧迫されていた神経が正常に働くようになります。それによって今まで制限されていた腕や肩の動きも徐々に改善することが可能です。

四十肩・五十肩 のブログ記事一覧

五十肩でお悩みだった松戸にお住まいのYMSさん

左腕を上げようとすると痛みを感じて挙げることも、後ろ腕を回すことも困難な俗に五十肩の症状でお悩みだった松戸市在住の50代男性YMSさん。 五十肩の症状が発症して …