市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

20130723134644背骨がピシッとまっすぐで羨ましいです~は全くほめ言葉ではないです。
背骨がまっすぐイコール、不健康ですね~に相当します。

背骨(脊柱)は正常な場合側面から見ると、頸椎が前方、胸椎が後方、腰椎が前方と「S字」状のカーブをした形状をしています。

上半身は骨盤という土台の上にS字状のカーブのある脊柱とそれを腹筋、背筋によって支えられています。この腹筋、背筋が弱くなったり土台である骨盤のバランスが悪くなると脊柱の負担が増大してしまい、体重を背骨だけで支えようとし脊柱が徐々にまっすぐに変位してきます。

 

 

 

TVなどでもおなじみの「ストレートネック」や「ストレートバック」は

それまで、S字状であった脊柱ならばスプリングのように柔軟に脊柱に加わっていた荷重やストレスを分散し逃がすことが出来なくなり、首や肩のコリ、腰痛などを引き起こす原因となりえます。

そうなってしまうと、ただ座っているだけでも腰や首が痛かったり、しまいには下半身に痛みやシビレを感じたり、首の問題が強くなると頭痛を引き起こしたりします。

人間の体は絶妙なバランスのもとに構成された生き物で、それが可能となったため二足歩行ができる存在です。
絶妙なバランスが損なってしまうと、様々な箇所に負荷が強くかかってしまうことで、首コリ、肩こり、腰痛、膝痛などの症状を発症してしまいます。

そのため背骨はまっすぐではダメなのです、生理的な弯曲をしている方が正しい状態なのです。