市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

発達障害

うつ病の原因になりやすい発達障害

「注意欠陥障害・多動性障害(ADHD)」

  • 集中できない
  • 順番が待てない
  • 授業中に動き回る
  • 衝動的な行動をする

「学習障害(LD)」

  • 読む、書く、計算するといった学習行動が苦手

「発達性強調運動障害」

  • 運動が苦手で手先が不器用

「自閉症スペクトラム障害(ASD)」

  • 人とのかかわりがマイペース
  • コミュニケーションが苦手

「知的障害」

  • 知的能力に遅れがある

これらの症状は、軽いものから重いものまで人によって異なり、単独の症状であったり合併していることがあります。
子供は発達障害によるストレスが周りに理解されなかったり、突飛な行動からの周りからの叱責が重なることで、うつといった症状へ繋がっていきます。

<発達症状からうつ状態への流れ>

1、一般的な行動と異なる突飛な行動や能力が見られる

2、周囲からの無理解・叱責が続く/無視・いじめがある

3、無力感・孤独感が募ってうつ状態になる