市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

肩こり市川

慢性的に肩こりが辛くて、良くストレッチを行ったり運動をするのに肩のこりが解消する感じが全くないと、お感じになった経験があったらその原因は内臓の機能不良によるものかもしれません。

内臓の機能不良による肩こりの主な臓器

  • 心臓
  • 肝臓
  • 胃腸

<心臓が機能不良をおこすと>
肩こりを伴う心臓の機能不良といえば心臓疾患で、主に「狭心症」と「心筋梗塞」があります。
心筋梗塞を起こす人の90%がその前兆として狭心症を体験しているといわれています。

これらの病気のによる肩こりの特徴として、身体の左側や背中に痛みが出たり左肩が特にこりやすい。特に、狭心症の場合はただ単に肩がこるという感じだけでな耳の穴からおへそまでのあいだに、ギューッとした痛みを感じがあります。
狭心症は徐々に発作の頻度が高くなり、その状態が続いてしまうと心筋梗塞を起こすことがあります。

<肝臓が機能障害を起こすと>
肝臓の機能不良を起こすと、心臓とは逆に身体の右側がこったり痛くなったります。
右肩がこった感じや痛みを感じたり、常に疲れを感じてダルくて身体が重いという症状がでます。

<胃腸が機能障害を起こすと>
胃腸の機能不良を起こすと腹部に痛みや不快感を感じることが多いですが、肩こりの症状があらわれ、特に僧帽筋の付着する背中よりやや上の部分が重苦しく感じたり、痛いと感じます。

<肺が機能障害を起こすと>
肺の機能不良を起こす原因として、感染症による風邪や肺炎。
肺が機能障害を起こしてしまうと、背中に痛みや違和感を感じたり、肩こりが起こったりするのとともに、だるさや熱っぽさといった風邪の症状としてあらわれます。