市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

肥満
日本人は欧米人に比較して太っている人の割合が少なく、その数はおよそ10分の1と言われています。

しかし、いったん太ってしまうと体質的に生活習慣病になりやすく、生活習慣病リスクが2倍になる境界線も欧米人がBMI30に対して日本人はBMI25と、実は欧米人に比べて、日本人は”肥満に弱い”人種といえます。

そのため、日本肥満学会ではBMI25以上を「肥満症」と定義して、減量に取り組むよう指導しているのです。
※BMIとはBody Mass Indexの略称。
体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)
例:体重75kg身長180cm 75÷1.8÷1.8=23.15

BMI値 ※BMI35以上は高度肥満

18.5以下     低体重
18.5~25未満  普通体重
25~30未満    肥満+1
30~35未満    肥満+2
35~40未満    肥満+3
40以上       肥満+4

さまざまな病気の原因となりえる肥満

肥満を放っておくと、いつのまにか生命にかかわる問題を引き起こす要因になるというのは、決して大げさな話ではありません。

<三段階でつく脂肪「皮下脂肪」「内臓脂肪」「異所性脂肪」>
脂肪はまず皮膚の内側の組織につき始め、その許容量を超えると腸などの内臓周りにこびり付き、
更にその内臓の許容量を超えると心臓や肝臓にこびり付きます。
皮下脂肪に比べると、内臓脂肪や異所性脂肪は燃焼しやすいという特徴があります。

<メタボリックシンドロームは生活習慣病のもと>
メタボリックシンドロームとは内臓脂肪がついてもお腹がポッコリ出た状態の内臓脂肪型の肥満に加えて、「高血糖」「高血圧」「脂質異常」のうちいづれか2つ以上をあわせもった状態のことです。
それによって、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病にかかりやすくなります。

それ以外にも、メタボリックシンドロームなってしまうことで、動脈硬化が進行してしまい、最終的には脳卒中や心不全、じん不全など重大な病気を引き起こされます。
このように様々な病気がドミノ倒しのように発症していくことを「メタボリックドミノ」といいます。