市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

眼

眼精疲労の主な4つの原因

1、眼鏡(メガネ)
近視用の眼鏡は度が強すぎると、近くのものを見る際に必要以上に目に対して負担をかけてしまい疲労しやすくなってしまいます。
自分の視力や生活習慣に合わせて、しっかりと調節したメガネをかけることが重要となります。

2、ドライアイ
ドライアイは目の表面が傷つきやすくなり、疲労を感じる原因なります。
パソコンなど集中してものを見る時は自然とまばたきが減って目が乾燥しやすくなってしまいます。
また眼がパッチリとしている人も涙の蒸発量が多く乾燥しやすい。

3、目の酷使
目に負担をかけ続けると目のピントを合わせる組織、毛様体筋が緊張し調整痙攣という症状をおこしやすくしてしまいます。
この調整痙攣は「仮性近視」とも呼ばれていて、遠くのものにうまくピントが合わなくなり、目のかすみを感じます。

4、斜視
正面を見ていても左右どちらかの視線が外に向かってしまうことを外斜視といいますが、外斜視の側は近くを見る際に正常な目よりも筋肉に負担がかかってしまうため、眼精疲労を起こしやすくなってしまいます。

眼精疲労が原因の症状

1、頭痛
眼精疲労が原因で来る頭痛は、目の周りの筋肉や頭の筋肉が異常に緊張して生じるものです。
慢性的な疲労の原因になるため、早めの対応が必要です。
※当院では頭の整体であるクラニオセイクラルテクニックなどを用いて施術いたします。

2、肩こり
眼精疲労が原因となっている肩こりは非常に多いです。
視神経の疲労に伴って周りの筋肉が収縮し、緊張してしまうことで血行不良を招いてしまうのが最大の原因といえます。

※こういった症状が長く続いてしまうと
白内障や緑内障などといった、網膜に関係する病気の可能性も出てきます。
眼精疲労は病気に直結することはありませんが、白内障や緑内障などとといった、見えにくくなったりといった症状が出てきますので、少しでも目の疲れを感じましたら。
早い段階で、対処することをお勧めいたします。

3、かすみぼやけ
目の酷使によって、パソコンなどを見続けるなどしていると毛様体筋が緊張してしまうと、目のピント調整力が落ちてしまい目が「かすんだり」「ぼやけたり」します。
こういった症状があらわれたら、目をつぶるなどで毛様体筋の緊張をほどくと、症状が緩和されやすくなります。