市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

発達障害とは?

発達障害とは生まれつき、脳の機能が通常と異なって発達をするの障害です。
そのため、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあり、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手になることが多いですが、発達障害は先天的なハンディキャップではありませんし、一生発達しないというわけでもありません。

元気な子供

発達の仕方が通常の子どもと異なっていますが、周囲のサポート方法によって、それがハンデとなるのかと言えます。

ちなみに発達障害とは総称で、注意欠陥障害(ADD)/注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、自閉症・アスペルガー症候群(AS)、チック症などです。
これらは子供により症状も違うのが特徴で単一性と複合性とあります。

発達障害の種類

 

注意欠陥障害(ADD)/注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥障害(ADD)/注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは「不注意」「多動性」「衝動性」という3 つの症状を引き起こしやすい発達障害で、日常生活や学習に支障をきたす状態をいいます。
これらの障害のの子どもは、何事にも集中できないと思われがちですが、自分自身の興味のあることに対してはものすごい集中力を発揮することがあり、天才的な才能を発揮することもあります。

学習障害(LD)

学習障害とは知的問題はありませんし、身体的な障害などではありません。
読む、書く、計算するなどの特定のことに対して必要なことが出来ない、難しいといった学習が困難な状態のことです。
また、音痴・体操音痴・不器用といったものは学習障害とは言いません。

自閉症・アスペルガー症候群(ASD)

自閉症・アスペルガー症候群の特徴は、言葉の遅れや相手の考えを理解できないといった「コミュニケーション能力」の問題や「想像力の障害」「社会性の障害」があるの症状です。

チック症

チック症とはまばたきを頻繁にしたり、肩を頻繁に動かしたり、しゃっくりのようなものが止まらなかったり一種の癖のようなもが特徴で、乳幼児期から学童期の子どもにみられる症状です。

発達障害の発生する4つの原因

発達障害に限らず、子どもの精神や行動の問題が生じる背景には、主に4つ原因があります。

1、先天的要因による原因
生まれながらに持っている遺伝子的なものや、出生前の環境による影響

2、成長期の生活環境による原因
両親や兄弟・親族の子供に対する接し方や、生活環境(いじめ、虐待など)

3、社会生活との関係による原因
地域や学校といった社会との集団生活による関わり合い

5、ショックやトラウマが原因
偶然起こった問題や、ストレス

このような4つの原因によって様々な発達障害が発症していると考えられているようです。

発達障害に対する整体法

基本的に行うのは身体の構造的ストレスを取り除くことで、発症している症状を取り除けます。
多くの発達障害を抱えている、お子さんないし大人の方の多くはほとんど、身体に大きなストレスを抱えた方ばかりです。
身体の場合は構造を正常化することで血液やリンパ液、脳脊髄液などの循環が良くなることで、自然治癒力が向上し、精神的ストレスも解消してくるものです。

その構造的問題は身体であったり頭蓋骨であったり、脊柱であったり様々ですが、それぞれの身体的に影響を与えている構造的ストレスを、頭から、足のつま先まで改善していくことで多くの発達障害にお悩みだった方も改善されています。

当院で主に発達障害に行う整体法

頭蓋仙骨療法
トルクリリーステクニック
ニューロオリキュロセラピー