市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

低気圧

台風が近づいてきたり、天気が悪くなり始めるとなんか体が重くなったりして調子が悪い、関節が痛み始めるという話はよく聞くかと思います。

特に古傷などあるとその患部が治ったはずなのにうずき始めたりします。
実際に私も以前スキーで痛めた膝が、調子が悪いときに天候不順が来る前に時折、ズキズキすることがあります。

低気圧が近づくと、気圧は徐々に下がり雨が降り始めます。
気圧がさがると耳の中にあるセンサーが気圧の低下を察知し、視床下部を通じて交感神経の活動が亢進します。
交感神経が亢進すると末端神経からノルアドレナリンが血中に分泌されると、痛みを感じる神経や一部の侵害受容器を刺激します。

また、ノルアドレナリンは血管を収縮させたり、血液中のマクロファージや肥満細胞を活性化させてヒスタミンやTNF-α(腫瘍細胞を壊死させる作用のある物質)を分泌することで痛みを感じる神経を刺激します。

古傷や慢性疾患がなければ気圧が低下して、痛みをつ与える神経や受容器が刺激されたとしても、痛みを感じることはほとんどありません。
しかし、もともと神経損傷や炎症などがあると、侵害受容器などに正常時では認められなかった交感神経に反応する受容体が新たに出現するため、気圧の変化でも痛みを感じるようになります。

そのため、古傷を抱えた人は気圧の変化に敏感になり、明日の天気を体が感じ取ることが出来てしまうのです。