市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

若年性老眼

最近20、30代の若い世代がスマートフォンの使い過ぎにより起る「スマホ老眼」と言われる老眼のような症状が増えているとのことです。

私はガラケー愛好者ですが、多くの方はスマートフォンを利用される方が多くいらっしゃられるかと思います。
仕事ではパソコンを使い、出先や通勤ではスマートフォンでメールやゲームなどと常に手放せない存在となりつつあります。

そのような生活をされている方から聞く話によると、年齢がまだ若いのにまるで老眼のような近いもののピントが合わないといった「スマホ老眼」ともいえる症状が増えているそうです。
スマホ老眼の原因は基本的にはスマートフォンを過剰にやり過ぎたことによる目の酷使が原因。

<スマホ老眼の症状>

  • 目のピントが合わなくて手元が見えにくい
  • 同じものが日によって見えたり見えなかったりする

まさに、老眼と同じような症状で悩む20、30代の若者に増えているそうで、数年前までは月に2、3人だった受診者が現在では10倍に増えているそうです!

これは視力の異常では無く、近くのものを長時間見続けたことによる筋肉のコリが原因で、目のピント調整がスムーズに行えないのが原因です。
目のピント調整というのは毛様体という、筋肉の働きによってレンズの役割を果たす水晶体厚さを変化させることで、遠近のピント調節が可能になります。

これは本物の老眼のように加齢に伴った水晶体が硬くなったり、毛様体が衰えたりすることで起こるものとは違い、ほとんどのスマホ老眼は一時的な症状が多いいが、重篤化するとピントが固定化してしまうこともある。

くれぐれもやりすぎにはご注意下さい。