市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

痛い

怒ってイライラすると、急に頭が痛くなったり、いつもなら気にならないような痛みがとても強く感じたりする経験は無いでしょうか?

ストレスなどによりイライラすることで、視床下部を介して下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモンを分泌されたり、交感神経を亢進したりすることで副腎皮質に働きかけます。
それによって、ノルアドレナリンが血中に放出され痛みを感じる神経や一部の侵害受容器を刺激し痛みを感じやすくします。

また、人間には痛みから逃れるための自己鎮痛を行う防御機能が備わっています、その物質がセロトニンで、中枢で痛みに関する神経の活動を抑制する働きをしています。

脳などから痛みの変電所ともいえる脊髄後角にセロトニンが分泌されると、痛みの情報を脳に伝える神経の活動を抑えようと脊髄後角にたくさんのセロトニンが分泌されます。

しかし、不安が続いてうつ病などを発症してしまうとセロトニンの分泌量が減少しやすくなります。
うつ病などでセロトニンの分泌量が減少すると、自己鎮痛が起こらなくなってきます。
それによって、怒りや不安などの感情的ストレスが加わると普段よりも痛みを痛みを強く感じることになります。