市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

リンパの整体:リンパテクニック

 

リンパとは?

リンパの整体:リンパテクニック【血液から染み出ものがリンパ液】
血液の中に血漿(けっしょう)という成分があり、この血漿が毛細血管より染み出したアルカリ性の黄色い体液が、「リンパ管」に回収され「リンパ液」となります。

 

【体中に網羅されているリンパ管】
リンパ管は内臓や皮膚といったところに網の目状に広がっています。そのため、リンパ液も体中を流れていることになります。

 

【リンパの役割】

  1. 老廃物の回収と排泄
  2. 細菌の駆逐
  3. 外部ウイルスに対抗する抗体を作る
  4. 異物や細菌を血管に入れない防御

 

【リンパ節の役割】
リンパ管の通り道に800箇所ほどの「リンパ節」と呼ばれる大豆状の膨らみがあります。
リンパ節は場所によって皮膚の上から触ってわかるくらいの大きさで、役割はリンパ液に含まれる細菌や異物を除去することです。

 

【血液との違い】
リンパ液は血液同様に全身にくまなく及んでいますが、血液は心臓という強力なをポンプを用いて全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れています。
そのため運動不足なってしまうと、身体内でリンパの循環不良が起こりやすくなります。

 

【リンパの循環不良により起こる症状】

  1. むくみ
  2. 老廃物が排出されないため免疫の低下
  3. 疲労感
  4. 肩こり
  5. 冷え

 

【リンパが滞る原因】

  1. 身体の歪み
  2. 運動不足
  3. 食生活の乱れ
  4. 不摂生な生活

 

 

代表的な主要リンパ節

  • リンパ節の種類頸部リンパ節(首の付け根、顎)
    :300以上のものリンパ節がこの頸部に集中しています。
    ここが循環不良を起こすことで、肩こり、頭痛、自律神経の乱れ、顔のむくみなどを引き起こします。
  • 鎖骨下リンパ節
    :全身を巡っていたリンパが最後にこの鎖骨リンパに合流し静脈へ戻っていきます。そのため鎖骨下リンパ節は老廃物の最終出口地点となるポイントです。そのためここが滞ると、免疫力の低下、慢性的な肩こり、肌トラブル、倦怠感などが起こります。
  • 腋窩(えきか)リンパ節
    :ここが循環不良を起こすと、二の腕のたるみや肩こりを起こしやすくなります。
  • 腹部リンパ節
    :ここが循環不良を起こすと、便秘や生理不順、など女性特有の病気などを引き起こします。
  • 鼠径(そけい)リンパ節
    :ここが循環不良を起こすと、下半身が太くなり、浮腫んだり冷えたり、生理通などが起こります。
  • 膝窩(しっか)リンパ節
    :ここが循環不良を起こすと、ひざ痛、足のむくみ、冷えの原因に。滞留が重度になると血管やリンパが腫れて静脈瘤になります。「第二の心臓」と呼ばれるほど重要なリンパ節です。

 

 

リンパの調整方法

リンパテクニック調整法オステオパシーのリンパテクニックを用いて調整を行います。
リンパの循環が制限されている場合、大後頭孔、胸郭入口部、横隔膜、骨盤隔膜に問題がある場合が多く、それらを検査し問題のある箇所のみ矯正を加えます。
制限のある部分を矯正により正常にした後、全身のリンパを循環させるための身体調整を行い、リンパの循環を活性化するのがリンパテクニックです。
施術のほとんどは、強く押し込んだりグリグリするようなことは致しません。リンパの循環不良を起こしていると思われる箇所に対して手や足をテコのように利用し、優しく調整します。