市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

カイロプラクティック

カイロプラクティック01
カイロプラクティック (Chiropractic) とは、1895年にアメリカのダニエル・デ ビッド・パーマー(左図)によって考案された手技療法です。120年ほど前に開発された手技療法なんですが、鍼などに比べるとそんなに古くない最新の施術法なんですよね。ちなみにカイロプラクティックという言葉はギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する実は造語なんです。WHOでは補完代替医療として認知された療法でもあります。

当院のカイロプラクティックの施術としてはフルスパインテクニックの考え方を中心に、SOT(仙骨後頭骨テクニック)、トルクリリーステクニックなどの技術を用いて症状に対して有効な施術を行います。

脊柱、骨盤、頭蓋骨、四肢のゆがみやズレというものには大きく分けると二つあります。「膜性の問題」と「骨性の問題」というものです。膜性(筋筋膜や硬膜の硬直)に対してゆがみや制限(固着)がメインの場合は、ソフトで緩やかな調整が適しています。

骨性(固着した関節)に対してのゆがみやズレがメインの場合は低振幅の素早い矯正が適しています。そのため、患者様の症状に対し有効と感じた場合は低振幅の素早い矯正を行う場合もあります。

 

 

フルスパインテクニック (Full Spine Technique)

カイロプラクティックの元々のテクニックは、道具を使わないで、手による矯正をするものです。
検査も手による静的触診と動的触診により問題点を判別し、根本原因のみを矯正するものです。
フルスパインテクニックによる矯正は骨盤、脊柱、四肢に対してバキバキといった危険な捻じって回す矯正ではなく、関節に生じた制限に対して圧迫し素早い矯正時にパキッといったクラック音は生じますが身体に対してとても効果的な矯正方法です。
安全な矯正法とはいえ患者様にとっては矯正時のクラック音が怖いとお思いの方は言ってください。違った矯正で行いますのでご安心ください。
カイロプラクティック02 カイロプラクティック03

 

仙骨後頭骨テクニック(Sacro Occipital Technique)

カイロプラクティック04仙骨後頭骨テクニックは通称SOTと呼ばれることが多いテクニックです。
SOTでは硬膜という神経を包んでいる膜がねじれると、神経の機能障害が起こると考えています。
簡単に説明すると水の流れるホースがくびれると、くびれの部分で水が滞ります。
その考えと一緒で神経の中には脳脊髄液という液体が流れていて、硬膜がねじれると、神経の中を流れる脳脊髄液の流れが悪くなり、神経の機能障害が起こるというわけです。

SOTは骨盤矯正に関しては適しており、骨盤の骨の歪みを 3パターンにカテゴリーとして分類します。
カテゴリーⅠは硬膜のねじれにより骨盤が歪んでいる状態。
カテゴリーⅡは仙腸関節癒着により骨盤が歪んでいる状態。
カテゴリーⅢは椎間板の変位により骨盤が歪んでいる状態。
矯正方法は低振幅による矯正ではなく、三角形のブロックと呼ばれる器具で患者様の体重を利用して矯正を行うため安心で安全な方法です。

 

トルクリリーステクニック(Torque Release Technique)

カイロプラクティック05従来のカイロプラクティックと言えば骨や筋肉や関節の矯正というイメージがありますが、トルクリリースは神経や脳をターゲットにしたテクニックです。
実は「痛み」は脳や神経が作り出している場合が多いといわれています。
その脳や神経が作り出してる原因のノイズ(雑音)に対して一定の周波数をもった矯正器具で適切な方向と力で矯正する最新のテクニックです。