市川市にある「たかQ整体院」でつらい症状を改善・予防しましょう

オステオパシーとは

オステオパシーアンドリューオステオパシー (Osteopathy)とは1874年にアメリカの医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始され考案された手技療法です。

オステオパシーはギリシア語のオステオ「骨」とパソス「病理、治療」の2つを語源とした造語です。直訳すると「骨の治療」ですが、実際のオステオパシーはカイロプラクティックのように原因を局所にとらえて施術を行うのではなく、人間の身体全てを全体感でとらえて施術します。

 

オステオパシーでは、以下の考え方をもとにして施術を行います。

  • 身体はひとつのユニットであるため、身体組織は相互関連し機能している。
  • 身体は自己修復能力(自然治癒力)と健康を維持する恒常性(ホメオスタシス)を備えている。
  • 自己修復能力を上回るストレスなどが生じた時に症状が発生する。

身体の部分的なポイントにそれぞれの施術を施し続けても、身体全てに対して施術を行わなければ総合的な効果は得られず、様々な機能障害に対して効果を現すことはできません。

オステオパシーでは以下のような様々な機能障害を総合的に検査した上で根本原因を見つけ適切な施術を行うことで、健康に導くことを目指す療法です。

  1. 筋肉・筋膜・靭帯
  2. 骨・関節
  3. 神経
  4. 血液(動脈・静脈)
  5. リンパ
  6. 脳脊髄液
  7. 内臓 など

そのためオステオパシーは、お悩みの症状をを治すのではなく、そこに至らしめた“根本原因”に対してアプローチします。その理由は、原因が存在する限り、結果として出た症状を抑えても、それは形を変えて必ず再発するからです。反対に、根本原因さえ取り除けば、患者さん自身の自然治癒力が回復すれば、自身の力で健康を取り戻し、お悩みの症状は自然に消失してゆきます。

施療で使うテクニックは様々です。ボキボキはありませんが、ポキッと音の出る関節の調整法や、筋肉を動かして行う方法、繊細で微細なタッチで筋肉を覆う膜を調整する方法、などあり、患者様の年齢、体格、体力、症状の程度によって最適な方法を選択していきます。そのため、施術方法が毎回同じようなことをする方もいれば、毎回変わる方もいます。
 

当院の用いるオステオパシーのテクニック

スティル・テクニック

オステオパシーの始祖であるAndrew Taylor Still,MDが臨床で用いてた全ての関節の可動域を良くさせるためのテクニック。

ストレイン・カウンター・ストレイン(SCS)

機能障害とは継続的で不適当なストレイン反射であり、そのストレイン反射に対して正反対の方向に対して軽いストレインの位置に保持することで機能障害を抑制できるテクニック。

マッスル・エナジー・テクニック(MET)

ある制限された関節の動きに対して、患者自身の抵抗運動を用いて制限されたバリアを開放してゆくテクニック。

ファシリテッド・ポジショナル・リリース(FPT)

間接法を用いた靭帯や筋膜を調整するテクニック。

高速低振幅スラスト(HVLA)

カイロプラクティックとは違う骨盤や脊柱の矯正方法。

頭蓋骨領域の調整法

※詳しくは頭蓋仙骨療法

内臓マニュピレーション

※詳しくは内臓調整法